プロ直伝ジーンズ仕入れ3つの注意点 アパレルせどり古着転売の基本編

アパレルせどり、古着転売では様々な種類の服を扱います。

今回は初心者に最適な古着転売であるジーンズ転売について紹介します。

ジーンズ転売を始める前に、商品(ジーンズ)をリサイクルショップで仕入れます。

仕入れるときの注意点をまとめました。参考にしてください。

 

商品であるジーンズの仕入れ先

ジーンズはリサイクルショップで仕入れます。

ジーンズをリサイクルショップで仕入れ、ヤフオクに出品して利益を得ることがジーンズ転売の目的です。

よって、ヤフオクで売れるジーンズを確実に仕入れる必要があります。

ジーンズはどのリサイクルショップでも販売されているため、仕入れしやすい商品です。

まずはお近くのリサイクルショップに行って、ジーンズを探しましょう。

 

アパレルせどり・古着転売の基本 ジーンズ仕入れ3つの注意点

ヤフオクで売れるジーンズを確実に仕入れるために、3つの注意点をお伝えします。

とても見落としやすい点がありますので、注意しましょう。

3つの注意点を守り、後悔しない仕入れをしましょう。

 

注意点 その1 ブランド

ジーンズであれば、全てヤフオクで売れるわけではありません。

しっかりと人気のあるジーンズを仕入れましょう。

他の記事でも書いていますが、人気のあるジーンズブランドは3つです。

リーバイス Levi’s

エドウィン EDWIN

リー LEE

この3大ブランドは確実に覚えましょう。

その他、エヴィス、サムライ、フラットヘッドなどアメカジジーンズは定番です。

 

注意点 その2 サイズ

ジーンズのサイズはとても重要です。

ジーンズのサイズはインチで表記されています。W30は30インチです。約76cmです。

しかし、ここで注意してください。表記されているサイズは新品時のサイズです。

ジーンズはデニム生地(綿生地)で出来ているため、洗濯すると縮みます。

よって、実際に古着として販売されている時のサイズがとても重要です。

リーバイスは洗濯すると1~2インチ程度縮みます。

ウエストが5cm縮むと、きつくてジーンズが着用できません。

表記されているサイズより、実際のサイズがとても重要です。

さらにウエスト小さすぎるジーンズは仕入れないようにしましょう。

W30以上が仕入れ対象になります。

 

注意点 その3 色残りとダメージ

ジーンズの基本の色は紺色です。

洗濯するたびに紺色が薄くなっていきます。

ピカリンの経験上、紺色で色が残っているジーンズの方が人気があります。

さらに古着を扱うため、時にはジーンズが破れているなどダメージがあります。

ダメージや破れのないジーンズを取り扱うことが基本になります。

しかし、時にはデザインとして、膝が破れていたり、裾が擦れているジーンズを取り扱うことがありす。

ダメージの度合いは経験を積みながら見極めることになります。

ここで注意して頂きたいことは、股下やお尻の破れは、絶対にダメ!ということです。

下着が見えるジーンズはだれも買ってくれません。

かならず、仕入れる際は、股下とお尻の部分の破れがないことを確認してください。

 

まとめ

アパレルせどり、ジーンズせどりの基本であるジーンズ転売について紹介しました。

ジーンズ転売を始める前に、ジーンズの仕入れが必要です。

ジーンズを仕入れる際は、「ブランド」「サイズ」「色残りとダメージ」に注意しましょう。

3つの注意点を守ることにより、後悔のない仕入れが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です