ディーゼルジーンズ真贋コピー品偽物3つの判断ポイント アパレルせどり古着転売必読

ディーゼルジーンズデニムはとても偽物コピー品が多いです。

大手リサイクルショップも偽物コピー品が見抜けず、堂々と「DIESEL」として販売しています。

アパレルせどり古着転売においてディーゼルジーンズの取り扱いには細心の注意を払いましょう。

ジーンズ転売初心者が容易にディーゼルジーンズを取り扱うことは危険です。

ヤフオクで偽物コピー品を販売すると大きなトラブルになります。

 

ディーゼルジーンズとは

ディーゼルはイタリア発祥の総合アパレルメーカー。

ジーンズデニム、腕時計、水着などいろいろなジャンルのファッションを提供しています。

特に有名なのがデニムパンツ(ジーンズ)。

ヤフオクでも人気の商品です。

ディーゼルのジーンズは新品で3~5万円程度する高級品であるため偽物コピー品が多く出ています。

都市部のリサイクルショップに偽物ジーンズが多いです。

ネットショップでも偽物ジーンズをよく見ます。

 

ディーゼルジーンズの真贋3つの判断ポイント

いろいろな箇所を総合的に判断して、最終的に真贋を判定しています。

今回ご紹介するポイントは、分かりやすいポイントです。

この3つのうち、一つでも該当すれば、まず偽物コピー品と判断していいと思います。

 

マイクロステッチ

ディーゼルのジーンズには必ずマイクロステッチと呼ばれる、キラキラしたタグがついています。

このキラキラした中に「DIESEL」の文字が記載されています。

まずキラキラがあることを確認しましょう。

キラキラがあっても安心できません。

キラキラする糸で縫っている偽物コピー品があります。

 

仕入れる際は必ずマイクロステッチに「DIESEL」の文字があることを確認しましょう。

 

品名型番タグ

ウエストについてあるタグの印字に注意しましょう。

本物の品名型番タグ

偽物の品名型番タグ

違いは文字のにじみです。

本物は明瞭に印字されていますが、偽物は文字が不明瞭でにじんでいます。

この些細な違いを見抜いてください。

 

刺繍の密度

イタリア製ジーンズの多くには、イタリア国旗カラー「緑・白・赤」の糸で刺繍があります。

本物の刺繍

偽物の刺繍

見て分かるように、偽物の刺繍は雑で縫いの密度が低いです。

 

まとめと注意事項

ディーゼルのジーンズの真贋を見分ける基本的なポイントは3つ

キラキラ光るマイクロステッチ

品名型番タグの印字

ウエストにある3色「緑・白・赤」の刺繍

他にもいろいろな箇所で真贋判定のポイントがありまが、とても些細な違いで文字であらわすことが難しい。

まずはここで紹介した3つのポイントで真贋を見極めてください。

最後にお伝えする注意点です。

今回ご紹介した真贋判定基準はピカリンがジーンズ販売の中で培った独自基準です。

とても多くの失敗を重ね、自分なりに真贋の基準を作りました。

しかし最終的な真贋判定は発売元であるディーゼル社が行います。

ディーゼル社がどんな状態のジーンズでも「自社製品です」「本物です」と言えば、本物になります。

リサイクルショップ、ネットショプにはとても多くの偽物が出回っています。

仕入れる際は、細心の注意を持って、チェックポイントを見極めながら行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です