アパレルせどり古着転売で稼ぐ3つの裏ワザ ネットマーケティング編ブログ

ヤフオクやメルカリを使ったネットビジネスではお客様に商品を買っていただく裏ワザ(工夫)が必要です。

普通に販売していては、アパレルせどり古着転売では稼げません。

ルールに則り、お客様に商品が欲しい!と思わせる工夫をしましょう。

今回の記事では、最新の脳科学マーケティングを駆使した販売術を紹介します。

 

稼ぐ裏技その1 値付け

きりのいい値段設定をしない。

ハンパな数字でお客様の脳を騙す。

現代のマーケティング現場では、お客様にモノを買ってもらうために様々な仕掛け(騙し)があります。

メルカリやヤフオクで古着を販売する際に重要なのが値段をつける「値付け」です。

こちらの写真を見てください↓

次にこちらの写真↓

どのように感じましたか?

どちらの商品が安くお得に感じたでしょうか?

5000円と4900円のたった100円の差が与える印象はすごく大きいです。

100円しか違わないのに、100円以上のお値ごろ感があります。

一般的にゼロがたくさんある5000円のような、きりのいい値段は嫌われます。

実際の販売現場でこのテクニックは多用されています。

実店舗の古着販売値段は2980円や1800円のように半端な数字で販売しています。

ブックオフバザーでは、税込2980円というハンパな数字で古着が販売されています。

わざと3000円にせず、20円だけ安くして販売しています。

たった20円の差ですが、税込3000円とすると、20円以上に高くなった感じがします。

セカンドストリートでは、2800円(税別)という値段設定がよくあります。

これを同じ値段ですが、3024円(税込)とするとものすごく高く感じます。

よってヤフオクやメルカリの商品を出品する際は、ゼロがたくさんあるキリのいい数字での出品はNG。

ハンパな数字、5000円なら4980円、3000円なら2980円で出品しましょう。

 

稼ぐ裏技その2 値引きを半端な数字にする

メルカリでは値引き交渉が当たり前です。

この値引き交渉で、お客様にお得感を与える方法です。

お得感があるので購入率が上がります。

購入率を上げる方法は、きりのいい値段で出品し、値引き後の提示価格はハンパな値段で回答する。

これがピカリンの購入率アップのマル秘テクニックです。

メルカリで古着を販売する際、わざとキリのいい数字で販売価格を提示します。

メルカリの値引きを考慮したした価格設定です。

すなわちメルカリの「値引き」を考慮してすこし高めで出品します。

具体的な数字で説明すると、5,000円くらいで売りたい商品をわざと5,500円として出品します。

そして値引きの交渉が来たら、ハンパな数字で回答します。

例えば「4,980円でどうでしょうか」と返信します。

そうすると、実際は520円しかお値引きしていないのにかなり安くなった印象になります。

値引き後の提示価格が「5,000円」では4,980円と比較して、割高感があり大幅なお値ごろ感が出ません。

値引き交渉の回答は、半端な金額で返答する。

お客様も安く買えたと思ってて満足、販売者は高く売れて満足。

双方が満足するWIN&WIN交渉術です。

 

稼ぐ裏技その3 アンカリング

アンカリングを活用し、わざと商品を安く見せお買い得感を演出する。

マーケティングの手法でアンカリングという脳を錯覚させる方法があります。

商品の販売現場ででは多用されている方法です。

この写真を見てください↓

ピカリンのメルカリ出品画面です。

赤の印のところを確認してください。

わざわざ新品価格を参考値段として記入しています。

新品32,000円程度の商品が4,900円で手に入ると錯覚し、お客様の脳が「安い」と反応します。

この新品価格を見せ、今の商品価格を安く錯覚する効果をアンカリング効果といいます。

このアンカリングを使った販売促進は夕方によく見かけます。

スーパーの惣菜コーナで乱発されています。

わざと二つの値札を重ねて表示している、惣菜の値引きです。

お惣菜400円の値札の横に、わざと300円の値札を貼る。

値札シールを重ねて貼らないのがコツです。

2つの値段が見えないとダメです。

スーパーはしっかりと値引き後の価格、300円で採算が合うように商品設計をしています。

よって値引きしても絶対に損はしていません。

スーパーでも見かけるアンカリングを用いた裏ワザを古着販売にも活かしましょう。

 

アパレルせどり古着転売で稼ぐ3つの裏ワザまとめ

1.ハンパな数字で出品

2.値引き前にわざとキリのいい数字で出品

3.アンカリング効果で脳を騙しお買い得感を演出

商品を販売するにはマーケティングテクニックが絶対に必要です。

ヤフオクやメルカリでも、マーケティングを学んでいる出品者は売れています。

他の出品者がマーケティングの技を磨います。

ライバルとの差が開かないようにするには、マーケティングを学ぶしかありません。

他の出品者の真似だけをして、値付けをしていた人はなおさら学ぶ必要があります。

マーケティングの正しい理解をせずに、テクニックだけ使うと逆効果になります。

この記事を良い機会として、最新の脳科学を学びましょう。

ライバルに差をつける、古着をさらに販売したい人に、この本がおススメです。

ご紹介した内容はP36とP44にあります。

まだ紹介していない脳を騙し購入率をあげる販売テクニックがたくさんあります。

脳科学マーケティング↓

購入はこちら

メルマガ登録がおススメ

アパレルせどり古着転売の大百科を無料進呈中です。

メルマガを登録すると古着転売マル秘ノウハウ(PDF 255ページ)が読めます。

ジーンズの販売情報がたくさん入手できます。

ーーーーーーーーーーーーー

メルマガ登録は ⇒ こちら

ーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です