古着転売ジーンズ転売で知っておくべき3つの単語【売るために大切なこと】

古着屋オーナーのピカリンです。

気温が不安定ですね~

寒かったり、温かかったり。

温かい暖冬だと冬物の売れ行きが落ちます。

やっぱり1年間コンスタントに売れるジーンズがいいですね。

今日はジーンズを販売するために、必ず知っておかないといけない3つの重要キーワードを教えます。

しっかりと覚えてくださいね。

ジーンズ転売 最重要キーワード「赤耳」

こちらです↓

赤いステッチが入っているデニムの生地端のこと。

旧式の力織り機で織られたデニムから作られたジーンズのサイドシーム裏側の赤い生地端のこと。

ヴィンテージジーンズやビンテージを真似て作った商品の特徴的な個所です。

ロールアップし、見えるように履くのがオシャレです。

赤耳がある商品はヤフオクで人気があります。

ジーンズを仕入れるときは裾を確認しましょう。

商品を出品するときは、赤耳というキーワードをしっかりとアピールしましょう。

 

ジーンズ転売 最重要キーワード「シンチバック」

日本語では尾錠といいます。

ウエストバンドの後ろ側についていたもので、アジャスター機能があります。

シンチバックが付いていると、ワークデニム感がとても強いです。

普通のジーンズと雰囲気が違うので、ヤフオクで人気があります。

商品を出品する際には、シンチバックがあることを強調しましょう。

いろいろなシンチバックタイプがあります。

先が鋭利な針を使っているモデルがあるので、取り扱いには注意しましょう。

 

ジーンズ転売 最重要キーワード「レプリカ」

1990年代になるとヴィンテージジーンズの人気がすごいことになりました。

値段が高騰し、ジーンズ1本で数万円から数十万までになりました。

よって、気軽に購入し楽しめるように、様々なブランドがヴィンテージ商品を忠実に再現したジーンズを作りました。

このヴィンテージ再現ジーンズを「レプリカ」といいます。

リーバイスでいうと、1990年代に日本でレプリカが多く作られました。

さらに今はLVC(リーバイスヴィンテージクロージング)として、レプリカの商品が気軽に買えるようになっています。

レプリカ商品の中でアメリカ製デニムは人気があります。

アメリカ製のレプリカジーンズを見つけ、ヤフオクに出品してみましょう。

すごい人気があることがわかります。

 

まとめ

古着転売の基本である「ジーンズ転売」を極めるには、ジーンズのキーワードを理解することが大切です。

今回紹介した「赤耳」「シンチバック」「レプリカ」というキーワードは、ヤフオクに商品を出品する際にとても重要です。

まだまだジーンズデニムには独自の単語がたくさんあります。

ネットやピカリンのブログを参考にして、少しずつ覚えてくださいね。

 

メルマガ登録がおススメ

古着転売の最新情報をメルマガで発信中。

メルマガ登録で、ジーンズ転売についてのレポートが読めます。

さらに「アパレルせどり古着転売大百科」をプレゼントしています。

古着転売マル秘ノウハウ(PDF 255ページ)をたくさん入手できますよ。

ーーーーーーーーーーーーー

メルマガ登録は ⇒ こちら

ーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です