絶対にダメ!偽物品コピー品のジーンズ転売 偽物が多いTOP3ジーンズブランド

古着屋オーナーのピカリンです。

週末はリサイクルショップを回っていました。

かなりの確実で偽物らしきジーンズを見かけます。

コピー精度が上がっています。

リサイクルショップ店員でも気づかないようです。。。

古着でビジネスをしている私たちにとって、偽物コピー品を販売することは絶対にダメ!

知らなかったでは済まされないことです。

今回の記事では、ピカリンが考えるジーンズ転売で偽物が多いブランドを紹介します。

今回の記事で紹介したジーンズを仕入れる時は細心の注意を払ってください。

 

偽物コピー商品が多いジーンズ リーバイス501XX

リーバイス501XXのヴィンテージレプリカに偽物コピー商品が多いです。

ジーンズの王様であるリーバイスには多くの偽物があると理解しておきましょう。

特に偽物コピー商品が多いのが501XXです。

市中に出回っている偽物には特徴があります。

トップボタンの刻印が「501」になっています。

リーバイスのトップボタン裏の刻印はそのジーンズが作られた工場の番号です。

代表的なのが「555」「J22」などです。

555はアメリカのバレンシア工場番号、J22は日本の工場番号です。

トップボタン裏の刻印が501ということは、501という工場番号で作られたことになります。

しかし501という工場番号はほぼ現存しません。

501という刻印があるリーバイスのジーンズはほぼ偽物と考えていいでしょう。

 

偽物コピー商品が多いジーンズ EVISUエヴィスジーンズ

ピカリンが言うEVISUエヴィスジーンズはYAMANEが作ってジーンズのことを言います。

EVISUジーンズはとてもややこしいです。

なぜなら、韓国ではYAMANEのEVISジーンズは偽物と裁判所が決めたからです。

どういうこと??と思いますが。。。。

詳しくは「ウォルビ通商」とググってください。

よって、アジア全域に、韓国のウォルビ通商が作ったEVISUジーンズが大量に出回っています。

ピカリンの経験から、偽物EVISUジーンズの特徴をあげるとすると、パッチが塩ビ製であることが多いです。

YAMANEのEVISUはレザーパッチが大半です。

しかし、偽物と思われるEVISUは塩ビパッチが多いです。

メルカリで買うときは注意してください。

半分以上が、ピカリンの経験的に偽物かな??と怪しく思う商品です。

 

偽物コピー商品が多いジーンズ ディーゼルジーンズ

ディーゼルジーンズもとても偽物が多いです。

かなり精巧に偽物を作っています。

真贋はジーンズに付いているタグで見分けます。

ディーゼルジーンズで真贋を見分けるポイントがマイクロステッチです。

マイクるステッチには小さく「DIESEL」の文字があります。

大半の偽物は、マイクロステッチに似た感じになっています。

キラキラ糸が縫われているだけです。

 

しかし、最近はマイクロステッチがあるのに偽物?と思う商品があります。

ピカリンの推測ですが、正規品のタグがコピーメーカーに出回っていると考えています。

偽物のジーンズに本物のタグ類を付けるやり方です。

偽物コピー品のジーンズのタグ類を見ると整合性がありません。

イタリア製と記載されたタグが付いているのに、もう一つのタグにはタイ製と書かれています。

偽物コピー品は違和感があり、整合性がありません。

 

偽物コピー品が多いジーンズのまとめ

リーバイス501XXはトップボタンの刻印に注意する

EVISUジーンズはパッチの素材に注意する

ディーゼルジーンズはマイクロステッチの有無に注意する

怪しいと思った商品は仕入れないこと。

あなたの直感はたぶん正解です。

 

メルマガ登録がおススメ

古着転売の最新情報をメルマガで発信中。

メルマガ登録で、ジーンズ転売についてのレポートが読めます。

さらに詳しくジーンズを説明したレポートもありますよ!

ジーンズ転売情報がたっぷりある「アパレルせどり古着転売大百科」をプレゼント。

古着転売マル秘ノウハウ(PDF 255ページ)をたくさん入手できますよ。

ーーーーーーーーーーーー

メルマガ登録は ⇒ こちら

ーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です